成功させるコツは

投資信託の基礎

投資信託の基礎
LINE週報

投資信託の基礎知識と選び方のポイントを学ぼう

分散投資の効果 リスク軽減

その他にバランス型と呼ばれる投資信託があります。
債券、株式、不動産など、値動きの異なる複数の資産や市場にバランスよく投資する投資信託です。例えば、国内の債券、株式、海外の債券、株式の4種類を組み合わせたバランス型の投資信託や、さらにそれにREITを組み込んだものもあります。株式は好景気の時に値上がりしやすく、債券は不況時に値上がりしやすい傾向があり、不動産はまた別の値動きをします。そのため、複数の投資対象に分散投資されているバランス型の投資信託1本を保有することで、手間暇をかけず、少額から幅広く分散投資できるのがメリットです。しかし、手数料が高めなものや、実際に運用している銘柄がわかりにくい投資信託もあります。バランス型の投資信託の中身を十分に吟味し、手数料が低めで、納得できるものを選ぶことが大切です。

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

04 投資信託の選び方

投資信託の選び方

1. 目標設定

はじめに考えなければならないことは、ライフプランの中で、何年後に、何のために使う資金をいくらぐらい用意したいのかという目標設定です。例えば「5年後にマイホーム購入を考えているので、頭金500万円を目標に貯めたい」とか、「15年後の子どもの大学入学金や4年間の学費などで600万円を用意したい」などを具体的に決めることが大切です。

2. リスク許容度を決める

次に、リスク許容度を決めます。投資にはリスクがあります。リスクとは「投資により得られる収益、または損失のブレ幅」のことで、投資すれば必ず収益(リターン)が得られるとは限らず、値下がりして元本割れすることもあります。この値下がりがどの程度までなら経済的、精神的に耐えられるか、これがリスク許容度で、一人一人異なります。目安としては、購入価格より10%下落したら売却するなどの方針を事前に立てておくことです。

投資信託の基礎知識と選び方のポイントを学ぼう

分散投資の効果 リスク軽減

その他にバランス型と呼ばれる投資信託があります。
債券、株式、不動産など、値動きの異なる複数の資産や市場にバランスよく投資する投資信託です。例えば、国内の債券、株式、海外の債券、株式の4種類を組み合わせたバランス型の投資信託や、さらにそれにREITを組み込んだものもあります。株式は好景気の時に値上がりしやすく、債券は不況時に値上がりしやすい傾向があり、不動産はまた別の値動きをします。そのため、複数の投資対象に分散投資されているバランス型の投資信託1本を保有することで、手間暇をかけず、少額から幅広く分散投資できるのがメリットです。しかし、手数料が高めなものや、実際に運用している銘柄がわかりにくい投資信託もあります。バランス型の投資信託の中身を十分に吟味し、手数料が低めで、納得できるものを選ぶことが大切です。

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

04 投資信託の選び方

投資信託の選び方

1. 目標設定

はじめに考えなければならないことは、ライフプランの中で、何年後に、何のために使う資金をいくらぐらい用意したいのかという目標設定です。例えば「5年後にマイホーム購入を考えているので、頭金500万円を目標に貯めたい」とか、「15年後の子どもの大学入学金や4年間の学費などで600万円を用意したい」などを具体的に決めることが大切です。

2. リスク許容度を決める

次に、リスク許容度を決めます。投資にはリスクがあります。リスクとは「投資により得られる収益、または損失のブレ幅」のことで、投資すれば必ず収益(リターン)が得られるとは限らず、値下がりして元本割れすることもあります。この値下がりがどの程度までなら経済的、精神的に耐えられるか、これがリスク許容度で、一人一人異なります。目安としては、購入価格より10%下落したら売却するなどの方針を事前に立てておくことです。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/11)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/18)

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

投資信託の基礎知識と選び方のポイントを学ぼう

分散投資の効果 リスク軽減

その他にバランス型と呼ばれる投資信託があります。
債券、株式、不動産など、値動きの異なる複数の資産や市場にバランスよく投資する投資信託です。例えば、国内の債券、株式、海外の債券、株式の4種類を組み合わせたバランス型の投資信託や、さらにそれにREITを組み込んだものもあります。株式は好景気の時に値上がりしやすく、債券は不況時に値上がりしやすい傾向があり、不動産はまた別の値動きをします。そのため、複数の投資対象に分散投資されているバランス型の投資信託1本を保有することで、手間暇をかけず、少額から幅広く分散投資できるのがメリットです。しかし、手数料が高めなものや、実際に運用している銘柄がわかりにくい投資信託もあります。バランス型の投資信託の中身を十分に吟味し、手数料が低めで、納得できるものを選ぶことが大切です。

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

04 投資信託の選び方

投資信託の選び方

1. 目標設定

はじめに考えなければならないことは、ライフプランの中で、何年後に、何のために使う資金をいくらぐらい用意したいのかという目標設定です。例えば「5年後にマイホーム購入を考えているので、頭金500万円を目標に貯めたい」とか、「15年後の子どもの大学入学金や4年間の学費などで600万円を用意したい」などを具体的に決めることが大切です。

2. リスク許容度を決める

次に、リスク許容度を決めます。投資にはリスクがあります。リスクとは「投資により得られる収益、または損失のブレ幅」のことで、投資すれば必ず収益(リターン)が得られるとは限らず、値下がりして元本割れすることもあります。この値下がりがどの程度までなら経済的、精神的に耐えられるか、これがリスク許容度で、一人一人異なります。目安としては、購入価格より10%下落したら売却するなどの方針を事前に立てておくことです。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/18)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/25)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる