国内バイナリーオプション

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
暗号通貨 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは photo-ac.com

セレスの子会社マーキュリーが運営する暗号資産販売所「CoinTrade」が新規通貨PLT・IOST・ADAの取扱い開始予定のお知らせ

株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)の連結子会社である株式会社マーキュリー(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、以下マーキュリー)が提供する暗号資産販売所「CoinTrade(コイントレード)」において、新たにパレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、エイダコイン(ADA)の取扱いを近日中に開始することをお知らせいたします。

※IEO:「Initial Exchange Offering」の略。
ブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを暗号資産取引所が先行販売するサービスのこと。

■パレットトークン(PLT)について
パレットトークン(PLT)は、国内初のIEOを実施しているプロジェクトで日本発のエンターテインメント分野に特化した独自のプラットフォーム「パレット」において利用される暗号資産です。
・名称 :パレットトークン
・シンボル:PLT
・時価総額:9,103,493,891円(2022年6月27日時点)
・単価 :約22.54円(2022年6月27日時点)

■アイオーエスティー(IOST)について
アイオーエスティー(IOST)は、2018年1月にシンガポールのInternet of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産で高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用ができる独自のプラットフォーム「IOST」において利用される暗号資産です。
・名称 :アイオーエスティー
・シンボル:IOST
・時価総額:35,931,508,728円(2022年6月27日時点)
・単価 :約1.93円(2022年6月27日時点)

■エイダコイン(ADA)について
エイダコイン(ADA)は、元イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務める会社Input Output Globalと、ブロックチェーンの研究開発をする会社Emurgo、そしてCardano Foundation(カルダノ財団)によって開発された独自のプラットフォーム「カルダノ」において利用される暗号資産です。
・名称 :エイダコイン
・シンボル:ADA
・時価総額:2,254,213,587,541円(2022年6月27日時点)
・単価 :約66.70円(2022年6月27日時点)

セレスの子会社マーキュリーが運営する暗号資産販売所「CoinTrade」が新規通貨PLT・IOST・ADAの取扱い開始予定のお知らせ

株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)の連結子会社である株式会社マーキュリー(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 聡、以下マーキュリー)が提供する暗号資産販売所「CoinTrade(コイントレード)」において、新たにパレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、エイダコイン(ADA)の取扱いを近日中に開始することをお知らせいたします。

※IEO:「Initial Exchange Offering」の略。
ブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを暗号資産取引所が先行販売するサービスのこと。

■パレットトークン(PLT)について
パレットトークン(PLT)は、国内初のIEOを実施しているプロジェクトで日本発のエンターテインメント分野に特化した独自のプラットフォーム「パレット」において利用される暗号資産です。
・名称 :パレットトークン
・シンボル:PLT
・時価総額:9,103,493,891円(2022年6月27日時点)
・単価 :約22.54円(2022年6月27日時点)

■アイオーエスティー(IOST)について
アイオーエスティー(IOST)は、2018年1月にシンガポールのInternet of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産で高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用ができる独自のプラットフォーム「IOST」において利用される暗号資産です。
・名称 :アイオーエスティー
・シンボル:IOST
・時価総額:35,暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 931,508,728円(2022年6月27日時点)
・単価 :約1.暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 93円(2022年6月27日時点)

■エイダコイン(ADA)について
エイダコイン(ADA)は、元イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務める会社Input Output Globalと、ブロックチェーンの研究開発をする会社Emurgo、そしてCardano Foundation(カルダノ財団)によって開発された独自のプラットフォーム「カルダノ」において利用される暗号資産です。
・名称 :エイダコイン
・シンボル:ADA
・時価総額:2,254,213,587,541円(2022年6月27日時点)
・単価 :約66.70円(2022年6月27日時点)

MoonstakeとIOSTブロックチェーンが提携 IOSTのステーキング提供まもなく開始

Moonstakeはアジア最大のステーキングネットワーク構築を目標に掲げ、2020年にステーキング事業を開始しました。それ以来、2,000以上の暗号資産と互換性があるMoonstakeモバイルウォレット(iOS / Android)とMoonstakeウェブ版ウォレットという、PCとモバイルどちらにも最適化した使いやすさを追求したウォレットを開発してまいりました。 2020年8月に本格的な操業を開始した後、Moonstakeのサービスにステークされた暗号資産の総額は約900億円を超えており、Moonstakeプラットフォームは現在、わずか1年で世界トップ10に入るステーキングサービス提供事業者の1つとなりました 。Moonstakeのステーキングは、Cosmos、IRIS、 Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbsに対応しており、近々、IOSTがこの中に加わることになります。

また、IOSTは、オンラインサービスプロバイダー向けに開発されたエンタープライズレベルのブロックチェーンです。IOSTブロックチェーンは、すべてのノードがコンプライアンスを維持しながら、高いトランザクションスループットを実現する「Proof of Believability(PoB)」と呼ばれる独自の画期的なコンセンサスアルゴリズムを利用しています。経験豊富な開発チームと世界中の確固たるエンタープライズ企業とのパートナーシップネットワークをもつMoonstakeとIOSTのコラボレーションは、Moonstakeのウォレットを使うIOSTホルダーにとって満足のいくステーキング体験をもたらすことを約束します。

Moonstake創業者 手塚 満氏のコメント
「私たちは、主要なブロックチェーンプラットフォームであるIOSTと提携し、Moonstakeウォレットを使う暗号資産ホルダーのためのIOSTステーキングを提供できることを嬉しく思います。IOSTのステーキング需要は、IOSTネットワークの多くの偉大な成果によって日々増加しており、需要の高いこのステーキング機能をユーザーにはやく提供したいと考えていました。また、Moonstakeは、IOSTのすばらしい専門家チームとの分散型技術を活用したさまざまな分野におけるより深いコラボレーションの機会を楽しみにしています。

IOSTの共同創業者兼CTO Terrence Wang氏のコメント
「私たちは最新のトレンドをIOSTネットワーク上で迅速に開発できる特徴を生かし、常に革新的なプロジェクトとの提携を模索してきました。Moonstakeがローンチからわずか1年で達成した市場での地位に非常に驚いています。MoonstakeウォレットでのIOSTステーキングの開始によって、わたしたちのコミュニティが望んでいるIOSTネットワークでのサービスが増えること、またMoonstakeチームとの更なるコラボレーションの機会を楽しみにしています」

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。Moonstakeのパートナーシップ計画の公開は、アジアで急成長しつづける分散型台帳技術(DLT)のエコシステム全体に及ぶ、主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築していく上での、重要なプロセスです。これまでに発表されたパートナーには、ステーキング促進の提携としてEmurgo、Ontology、NEOに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX:OIO)があります。OIOはシンガポールの上場企業です。LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

仮想通貨IOSTのコインチェックでの買い方。ビットフライヤー・GMOコインでは購入不可。

暗号通貨 photo-ac.com

IOSTはコインチェックで購入。ビットフライヤー、GMOコインでは購入不可

日本国内取引所ではIOSTを取り扱っている販売所はコインチェックのみです。 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
IOSTは2020年9月のコインチェック上場後、順調に値上がりしています。
国内取引所で唯一IOSTを購入可能なコインチェックの口座をまだ持っていない人はまずはコインチェックの口座を開設しましょう。

コインチェックの口座開設後日本円入金

仮想通貨IOST購入は500円から可能

「仮想通貨IOST購入はいくらから買えるの?」
「まとまったお金を用意しなくてはいけないのかなぁ?」
「有名人みたいに500万円も入金できないんだけど!」

Pontaポイントはビットコインなどへ交換可能して仮想通貨投資できる?

ローソンやケンタッキー、ガソリンスタンドのシェルなどで貯まるPontaポイント。 特にスマホをauにしている方はPontaポイントを貯めている傾向が強いようですね。 Pontaポイントはビットコインなどの仮想通貨に交換可能? .

ビットコインを貸して増やせる暗号通貨レンディングを解説

ビットコインの利息がスゴイ。年利5%も可能です。

最近、過去最高値を更新したりと何かと話題のビットコイン。 投資してみたいけれど迷っているという方も多いのではないでしょうか。 以前はあまり知られていなかったビットコイン投資の一つに利息狙いのビットコインレンディングがあります。 保.

dポイントはビットコインに交換可能?ビットフライヤーでも不可

ドコモのスマホ利用者だけでなく、 ローソン、ファミリーマートなどのコンビニや、 マクドナルドなどのファストフード店、 マツモトキヨシといったドラッグストアなど、 様々なお店やサービスで貯めることのできるdポイント。 頑張って貯.

メリットなし!? Tポイントをビットコインに交換するレートは損!ビットフライヤーで換えるデメリットとは。

最近話題のビットコイン。 周りでも始めているという方も増えていますね! またポイ活というポイントを積極的に貯めることや、ポイント投資も少しブームになっていますよね。 ビットコイン×ポイントというどちらも話題になっていることの掛.

ビットコインは持ってるだけでもいいの?税金は?

ビットコインに興味がある方がネットで調べていると「ビットコインは税金が高い」という声を目にすることがあるのではないでしょうか? ビットコインを購入したいけれど少し不安を感じている方も多いかもしれません。 ビットコインは持っているだけでは.

セレスの子会社マーキュリーが運営する暗号資産販売所「CoinTrade」が新規通貨PLT・IOST・ADAの取扱い開始予定のお知らせ

株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)の連結子会社である株式会社マーキュリー(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、以下マーキュリー)が提供する暗号資産販売所「CoinTrade(コイントレード)」において、新たにパレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、エイダコイン(ADA)の取扱いを近日中に開始することをお知らせいたします。

※IEO:「Initial Exchange Offering」の略。
ブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを暗号資産取引所が先行販売するサービスのこと。

■パレットトークン(PLT)について
パレットトークン(PLT)は、国内初のIEOを実施しているプロジェクトで日本発のエンターテインメント分野に特化した独自のプラットフォーム「パレット」において利用される暗号資産です。
・名称 :パレットトークン
・シンボル:PLT
・時価総額:9,103,493,891円(2022年6月27日時点)
・単価 :約22.54円(2022年6月27日時点)

■アイオーエスティー(IOST)について
アイオーエスティー(IOST)は、2018年1月にシンガポールのInternet of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産で高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用ができる独自のプラットフォーム「IOST」において利用される暗号資産です。
・名称 :アイオーエスティー
・シンボル:IOST
・時価総額:35,931,508,728円(2022年6月27日時点)
・単価 :約1.93円(2022年6月27日時点)

■エイダコイン(ADA)について
エイダコイン(ADA)は、元イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務める会社Input Output Globalと、ブロックチェーンの研究開発をする会社Emurgo、そしてCardano Foundation(カルダノ財団)によって開発された独自のプラットフォーム「カルダノ」において利用される暗号資産です。
・名称 :エイダコイン
・シンボル:ADA
・時価総額:2,254,暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 213,587,541円(2022年6月27日時点)
・単価 :約66.70円(2022年6月27日時点)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる