実体験

移動平均線を抜けられない相場

移動平均線を抜けられない相場
初心者B

ロウソク足と移動平均線を究めると「いつもの動き」が予測できるようになる

株は技術だ!

2月22日放送の「相場師朗の株は技術だ!」を視聴した

マーケットの現状

日経先物日足チャート

ブイキューブ

ブイキューブ日足チャート

「いつも、いつもの動きだ!」

大塚商会日足チャート

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

相場式トレード法による日経先物、ドル円、金、原油、大豆の攻略法を解説!

60日線を使ったストライクゾーンだけを狙う株式トレード方法

相場師朗先生はどんな場面を狙ってトレードしているのか?

株トレードの勝率を上げる秘訣はストライクゾーンにある株価チャートを狙うことだ!

利益を上げ続けている株塾生たちは、どこを狙ってトレードしているのか?

これで解決!相場式トレード法での安全なエントリーポイントの探り方

相場師朗先生の株塾入会案内

TradingViewのご案内

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

バイナリーオプション移動平均線の設定方法と勝てる期間や数値の攻略法

バイナリーオプション

バイナリーオプション 移動平均線
1分足、5分足で勝てる方法

バイナリーオプションの移動平均線とは?

基礎:移動平均線とは何か?

  • 「5MA」なら、ローソク足5本分の終値の平均値をつないだ線
  • 「10MA」なら、ローソク足10本分の終値の平均値をつないだ線

▼移動平均線:5MA,10MA

MAとはどういう意味か?

「MA」というのは、英語で「Moving Average:移動平均線」の頭文字をとったものです。つまり、「MA」とは「移動平均線」のことです。

バイナリーオプションの移動平均線の設定方法

TradingViewのチャート機能を活用する

▼TradingViewのチャート画面

TradingViewのチャート画面

バイナリーオプション取引画面では表示できない

ちなみに、バイナリ―オプションの公式サイト「ハイロー.com」では、シンプルな線タイプのチャート画面で表示されています。

▼バイナリーオプションの取引画面

バイナリーオプション取引画面

このように、バイナリ―オプション取引サイト「ハイロー.com」の画面上では「移動平均線(MA)」を表示することができないため、外部のチャート分析サイトの「TradingView」を活用していきます。

TradingView:移動平均線(MA)の表示方法

①まずは、TradingViewの公式サイトにアクセス

ティッカーを選択

②フル機能チャートを表示する

30日トライアルの表示を消す

③時間軸を設定する

④移動平均線(MA)を挿入する

すると、インディケーター(関数)の一覧が表示されますので、その中から 「MovingAverage(移動平均線)」 を選択します。

▼移動平均線が挿入できた

⑤移動平均線の期間を指定する

  • 移動平均線「MA5」では「ローソク足5本分の終値の平均値」
  • 移動平均線「MA10 」では「ローソク足10本分の終値の平均値」

移動平均線の期間を変更するには、チャート上の左側「MA 9 close 0」と表示されている部分をダブルタップして選択します。

▼ダブルタップで選択する

期間の設定

こちらの 「Length(期間)」 の部分に数値を入力し「OK」を押すことで移動平均線の期間を指定できます。

バイナリーオプションの移動平均線の期間(数値)の設定について

ですから、バイナリ―オプションで移動平均線を活用する際には 「10MA、50MA、200MA」 といった 期間の異なる移動平均線を複数表示して取引 をおこないます。

複数の移動平均線を同時に表示して取引をおこなう

▼複数移動平均線の挿入

複数の移動平均線を同時に表示することにより、 「ゴールデンクロス」「デッドクロス」 といった売り買いのタイミングを計れるだけでなく、長期的な相場の流れを視覚的に一瞬で理解することができるようになります。

バイナリーオプション移動平均線の1分足、5分足で勝てる方法

  • ①まずは、TradingViewでチャートを表示する
  • ②200MA、50MA、10MAを挿入する
  • ③レンジブレイクを確認する
  • ④10MAとタッチしたタイミングでエントリー

①まずは、TradingViewでチャートを表示する

②200MA、50MA、10MAを挿入する

③レンジブレイクを確認します

④10MAとタッチしたタイミングでエントリー

バイナリーオプション移動平均線の1分足、5分足で勝てるエントリーポイントは「レンジブレイク後、10MAにタッチした ”押し目” のタイミング」でエントリーをおこないます。

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法は、「複数の期間(数値)の異なる移動平均線により、 移動平均線を抜けられない相場 相場の転換 」を狙うエントリー手法です。

ゴールデンクロス手法では、移動平均線のタッチ(押し目)狙いとは異なり、15分取引、30分取引といった より長い時間軸の取引に有効 なやり方です。

【現役トレーダー解説】EMA(指数平滑移動平均線)を使ったビットコイン予測【SMAとの違い】

【現役トレーダー解説】EMA(指数平滑移動平均線)を使ったビットコイン予測【SMAとの違い】

初心者A

初心者B

直近の値動きに注目?EMA(指数平滑移動平均線)の特徴について

「EMA」は「Exponential Moving Average=指数移動平均線」と呼ばれており、略称として「EMA」と呼ばれています。

「 前日のEMA + (本日の価格×2) ÷ (n +1)」

「EMA」の実践的な使い方って?設定から見方まで詳しく解説

  • EMAで多用(意識)される設定期間について
  • (期待が高い)複数のEMAを用いて「買いサイン」を見つける方法
  • 利益確定にも最適!「売りサイン」を見つける方法

EMAで多用(意識)される設定期間について

EMAの各時間軸期間
短期5/10/13/21/25
中期50/75
長期90/150/200

筆者の場合、上記画像の左枠にもある通りで「25 /75 /150」と各時間軸に応じて期間設定をしています。

プロおに

移動平均線大循環分析Part3

そして、上昇帯と下降帯の入れ替わるところを『帯のねじれ』と呼び、
下降帯から上昇帯にねじれる事を『 帯の陽転 』と呼び、上昇帯から下降帯にねじれる事を『 帯の陰転 』と呼びます。

◯押し目買い

帯が右肩上がりで幅を広げながら上昇している時、価格は帯に支えられながら 帯の上側を波打ちながら上昇 していきます。帯が幅を広げながら上昇しているということは価格が安定的に上昇している事を表しています。

価格が安定上昇しているということは市場には買いのポジションを持っている「買い方」が大勢います。買い方は価格がある程度上昇すると現在までの利益を確定させようとします。買い方が利益確定のために出す注文は「売り注文」。つまり買い方の手じまいによって価格が下がるタイミングがあるのです。

ただ、一旦手じまいをしたといっても、上昇相場が続いていればまた買いにエントリーしたくなるのが一般の投資家心理であるため、価格が一時的に下がっても安定上昇の最中であれば価格はまた上昇する確率が高いのです。
その場合に跳ね返される転機になりやすいのが『帯』なのです。 移動平均線を抜けられない相場

移動平均線が上から 短期 ・ 中期 ・ 長期 と並ぶステージ①の状態から、価格が下がることによって短期移動平均線が中期移動平均線とデットクロスしステージは②に移行。価格が再度上昇し始め短期移動平均線が中期移動平均線とゴールデンクロスするとステージは再び①に戻り価格はスルスルと上昇していきます。

このような値動きを『 押し目 』と言い、 ステージが②から①に戻る時が買いサイン になるのです。
私はこれを『①②①の押し目買い』と名付けております。

押し目買いの逆パターンは『 戻り売り 』と名付けています。
帯が右肩下がりで幅を広げながら下降している時、価格は帯に抑えられながら 帯の下側を波打ちながら下降 していきます。

帯が幅を広げながら下降しているということは価格が安定的に下降しているということ。このようなときには市場には売りで利益を取ろうとする「売り方」が大勢います。売り方は価格がある程度下降すると現在までの利益を確定させようと「買い注文」を出します。

売り方の手じまいによって価格が一時的に上昇しても再度のエントリー(=売り注文)によって価格は再び下降。
跳ね返される転機になりやすいのが『帯』なのです。

移動平均線が上から 長期 ・ 中期 ・ 短期 と並ぶステージ④の状態から、価格が上がることによって短期移動平均線が中期移動平均線とゴールデンクロスしステージは⑤に移行。価格が再度下降し始め短期移動平均線が中期移動平均線とデッドクロスするとステージは再び④に戻り価格はスルスルと下降していきます。

このような値動きを『 戻り 』と言い、 ステージが⑤から④に戻る時が売りサイン になるのです。
私はこれを『④⑤④の戻り売り』と名付けております。

◯トレンドの大転換

大きなトレンドが発生した後には次のトレンドが生まれるまでエネルギーの充電期間が必要になりもみ合い期入りすることも多いのですが、もみ合い期を経ずにトレンドが大転換することもしばしばあります。
もみ合い期を経ずに下降トレンドから上昇トレンド、上昇トレンドから下降トレンドに移行することを『 トレンドの大転換 』と言います。

今まで安定的に下降していた価格が上昇を始め上昇トレンドが発生するということは、市場で起きた何らかの事象が価格変動に大きな影響を与えたということですので、もみ合い期を経ずに大転換すると後から発生したトレンドが大きなものになりやすいという特徴があります。

それまでは右肩下がりで広がりを見せていた帯が徐々に横ばいになり細くなるのが大転換の予兆であり第一段階です。

⑤の帯が向きを変えるというのは、平がなの『し』のように帯がキュッと上を向く状態のことです。帯は中期移動平均線と長期移動平均線の間に色をつけたものですので、帯が上を向くというのはすなわち中期移動平均線と長期移動平均線が向きを変えて上昇し始めたということです。

そして帯がねじれます。先ほど勉強した『 帯の陽転 』ですね。
その後価格が安定上昇すると今度は帯が右肩上がりに広がりを見せながら上昇し、上昇トレンドが発生していきます。

トレンド転換時には ワンテンポ早く仕掛ける というのがポイントです。
通常の仕掛けポイントは、
買いならステージ①で3本の移動平均線が右肩上がりのとき
売りならステージ④で3本の移動平均線が右肩下がりのとき
でしたがトレンド転換時は、『④短期移動平均線が帯を抜けたとき』が買いサイン・売りサインになります。
注意してほしいのは、『④移動平均線が帯を抜ける』前に①から③の段階をしっかりと踏んでいるということが前提条件です!

【現役トレーダー解説】EMA(指数平滑移動平均線)を使ったビットコイン予測【SMAとの違い】

【現役トレーダー解説】EMA(指数平滑移動平均線)を使ったビットコイン予測【SMAとの違い】

初心者A

初心者B

直近の値動きに注目?EMA(指数平滑移動平均線)の特徴について

「EMA」は「Exponential Moving Average=指数移動平均線」と呼ばれており、略称として「EMA」と呼ばれています。

「 前日のEMA + (本日の価格×2) ÷ (n +1)」

「EMA」の実践的な使い方って?設定から見方まで詳しく解説

  • EMAで多用(意識)される設定期間について
  • (期待が高い)複数のEMAを用いて「買いサイン」を見つける方法
  • 利益確定にも最適!「売りサイン」を見つける方法

EMAで多用(意識)される設定期間について

EMAの各時間軸期間
短期5/10/13/21/25
中期50/75
長期90/150/200

筆者の場合、上記画像の左枠にもある通りで「25 /75 /150」と各時間軸に応じて期間設定をしています。

プロおに

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる