初心者向けFX会社も

トレンド分析とは

トレンド分析とは

SKY-HI 急拡大中のBMSG、人材補強で目指す次のステップ

4月10日、SKY-HIはTwitterでBMSGの求人募集を告知した。4月15日現在、1万2000件以上の「いいね」が付き、3000件以上のRTが付く大きな反響を呼んでいる。SKY-HIが20年9月に設立し、SKY-HIとNovel Coreの2人だったマネジメント/レーベルは、オーディションプロジェクト「THE FIRST」を経て、急拡大した。現在所属アーティストは4人と1組、デビュー前のトレーニーは4人になった。今回の求人募集はそのまま「リソースの確保」でもある一方、スタートアップとしての「成長への意志」も感じる。そこにあるSKY-HIの意図とは?

写真/上野裕二 ヘアメイク/椎津 恵

BMSGの求人への考え

芸能の世界の人的課題

――今回、募集がかけられたポジションは、「人事ジェネラリスト/HRジェネラリスト」「アーティストマネジャー職」「クリエイティブ デスク」「運用/広報/HP運営」の経験者。特に興味を引いたのは、アーティストマネジャー職、経験5年以上という条件だった。我々媒体側と接する機会の多いマネジャーだが、一般にはその業務を正確には把握されていないように思われる。一般企業での「マネジャー」の肩書きは、部署やプロジェクトに対し、ある種の権限を持つ一方で、責任も求められる立場だ。しかし、芸能の現場でのマネジャーは、今なお「付き人」に近いイメージを持たれているようにも感じる。しかし、SKY-HIは、芸能のマネジャー職への底上げ、さらには今後の芸能事務所のあり方も変えたいという強い意志を持っていた。

これはBMSGもまだ課題としてあるし、日本の芸能界全体の課題だとも思うんですが、マネジャーを育成する期間も、そのノウハウもないのは、本当に良くないなと。マネジャーとしていきなり現場に入った人が誰かに教わることのないままマネジャーをし、その経験年数が増えたまま、キャリアのある人間として後輩に何かを教えていく。そういうケースが少なくないように思うんです。もちろん、きちんとノウハウを継承している事務所もありますし、それは素晴らしいなと思うんですが、その経験やノウハウを体系化しているケースは少ない気がしています。だからと言って、現在の専門学校で芸能マネジメントを学んで即戦力として通用するものではない。「うぶごえ」の岡田(一男)さん (※1) らとは10年前くらいから「何かそういう仕組みを一緒に作りたいよね」という話はしてるんです。マネジャーを育成する機関を作れば、現場の環境も変わる。その10年前当時、僕は自分に付いてくれたマネジャーに「こういうことをやるといいんだよ」って…まさしく育成をしていました。

SKY-HI 急拡大中のBMSG、人材補強で目指す次のステップ

4月10日、SKY-HIはTwitterでBMSGの求人募集を告知した。4月15日現在、1万2000件以上の「いいね」が付き、3000件以上のRTが付く大きな反響を呼んでいる。SKY-HIが20年9月に設立し、SKY-HIとNovel Coreの2人だったマネジメント/レーベルは、オーディションプロジェクト「THE トレンド分析とは FIRST」を経て、急拡大した。現在所属アーティストは4人と1組、デビュー前のトレーニーは4人になった。今回の求人募集はそのまま「リソースの確保」でもある一方、スタートアップとしての「成長への意志」も感じる。そこにあるSKY-HIの意図とは?

写真/上野裕二 ヘアメイク/椎津 恵

BMSGの求人への考え

芸能の世界の人的課題

――今回、募集がかけられたポジションは、「人事ジェネラリスト/HRジェネラリスト」「アーティストマネジャー職」「クリエイティブ デスク」「運用/広報/HP運営」の経験者。特に興味を引いたのは、アーティストマネジャー職、経験5年以上という条件だった。我々媒体側と接する機会の多いマネジャーだが、一般にはその業務を正確には把握されていないように思われる。一般企業での「マネジャー」の肩書きは、部署やプロジェクトに対し、ある種の権限を持つ一方で、責任も求められる立場だ。しかし、芸能の現場でのマネジャーは、今なお「付き人」に近いイメージを持たれているようにも感じる。しかし、SKY-HIは、芸能のマネジャー職への底上げ、さらには今後の芸能事務所のあり方も変えたいという強い意志を持っていた。

これはBMSGもまだ課題としてあるし、日本の芸能界全体の課題だとも思うんですが、マネジャーを育成する期間も、そのノウハウもないのは、本当に良くないなと。マネジャーとしていきなり現場に入った人が誰かに教わることのないままマネジャーをし、その経験年数が増えたまま、キャリアのある人間として後輩に何かを教えていく。そういうケースが少なくないように思うんです。もちろん、きちんとノウハウを継承している事務所もありますし、それは素晴らしいなと思うんですが、その経験やノウハウを体系化しているケースは少ない気がしています。だからと言って、現在の専門学校で芸能マネジメントを学んで即戦力として通用するものではない。「うぶごえ」の岡田(一男)さん (※1) らとは10年前くらいから「何かそういう仕組みを一緒に作りたいよね」という話はしてるんです。マネジャーを育成する機関を作れば、現場の環境も変わる。その10年前当時、僕は自分に付いてくれたマネジャーに「こういうことをやるといいんだよ」って…まさしく育成をしていました。

SKY-HI 急拡大中のBMSG、人材補強で目指す次のステップ

4月10日、SKY-HIはTwitterでBMSGの求人募集を告知した。4月15日現在、1万2000件以上の「いいね」が付き、3000件以上のRTが付く大きな反響を呼んでいる。SKY-HIが20年9月に設立し、SKY-HIとNovel Coreの2人だったマネジメント/レーベルは、オーディションプロジェクト「THE FIRST」を経て、急拡大した。現在所属アーティストは4人と1組、デビュー前のトレーニーは4人になった。今回の求人募集はそのまま「リソースの確保」でもある一方、スタートアップとしての「成長への意志」も感じる。そこにあるSKY-HIの意図とは?

写真/上野裕二 ヘアメイク/椎津 恵

BMSGの求人への考え

芸能の世界の人的課題

――今回、募集がかけられたポジションは、「人事ジェネラリスト/HRジェネラリスト」「アーティストマネジャー職」「クリエイティブ デスク」「運用/広報/HP運営」の経験者。特に興味を引いたのは、アーティストマネジャー職、経験5年以上という条件だった。我々媒体側と接する機会の多いマネジャーだが、一般にはその業務を正確には把握されていないように思われる。一般企業での「マネジャー」の肩書きは、部署やプロジェクトに対し、ある種の権限を持つ一方で、責任も求められる立場だ。しかし、芸能の現場でのマネジャーは、今なお「付き人」に近いイメージを持たれているようにも感じる。しかし、SKY-HIは、芸能のマネジャー職への底上げ、さらには今後の芸能事務所のあり方も変えたいという強い意志を持っていた。

これはBMSGもまだ課題としてあるし、日本の芸能界全体の課題だとも思うんですが、マネジャーを育成する期間も、そのノウハウもないのは、本当に良くないなと。マネジャーとしていきなり現場に入った人が誰かに教わることのないままマネジャーをし、その経験年数が増えたまま、キャリアのある人間として後輩に何かを教えていく。そういうケースが少なくないように思うんです。もちろん、きちんとノウハウを継承している事務所もありますし、それは素晴らしいなと思うんですが、その経験やノウハウを体系化しているケースは少ない気がしています。だからと言って、現在の専門学校で芸能マネジメントを学んで即戦力として通用するものではない。「うぶごえ」の岡田(一男)さん (※1) らとは10年前くらいから「何かそういう仕組みを一緒に作りたいよね」という話はしてるんです。マネジャーを育成する機関を作れば、現場の環境も変わる。その10年前当時、僕は自分に付いてくれたマネジャーに「こういうことをやるといいんだよ」って…まさしく育成をしていました。

SKY-HI 急拡大中のBMSG、人材補強で目指す次のステップ

4月10日、SKY-HIはTwitterでBMSGの求人募集を告知した。4月15日現在、1万2000件以上の「いいね」が付き、3000件以上のRTが付く大きな反響を呼んでいる。SKY-HIが20年9月に設立し、SKY-HIとNovel Coreの2人だったマネジメント/レーベルは、オーディションプロジェクト「THE FIRST」を経て、急拡大した。現在所属アーティストは4人と1組、デビュー前のトレーニーは4人になった。今回の求人募集はそのまま「リソースの確保」でもある一方、スタートアップとしての「成長への意志」も感じる。そこにあるSKY-HIの意図とは?

写真/上野裕二 ヘアメイク/椎津 恵

BMSGの求人への考え

芸能の世界の人的課題

――今回、募集がかけられたポジションは、「人事ジェネラリスト/HRジェネラリスト」「アーティストマネジャー職」「クリエイティブ デスク」「運用/広報/HP運営」の経験者。特に興味を引いたのは、アーティストマネジャー職、経験5年以上という条件だった。我々媒体側と接する機会の多いマネジャーだが、一般にはその業務を正確には把握されていないように思われる。一般企業での「マネジャー」の肩書きは、部署やプロジェクトに対し、ある種の権限を持つ一方で、責任も求められる立場だ。しかし、芸能の現場でのマネジャーは、今なお「付き人」に近いイメージを持たれているようにも感じる。しかし、SKY-HIは、芸能のマネジャー職への底上げ、さらには今後の芸能事務所のあり方も変えたいという強い意志を持っていた。

これはBMSGもまだ課題としてあるし、日本の芸能界全体の課題だとも思うんですが、マネジャーを育成する期間も、そのノウハウもないのは、本当に良くないなと。マネジャーとしていきなり現場に入った人が誰かに教わることのないままマネジャーをし、その経験年数が増えたまま、キャリアのある人間として後輩に何かを教えていく。そういうケースが少なくないように思うんです。もちろん、きちんとノウハウを継承している事務所もありますし、それは素晴らしいなと思うんですが、その経験やノウハウを体系化しているケースは少ない気がしています。だからと言って、現在の専門学校で芸能マネジメントを学んで即戦力として通用するものではない。「うぶごえ」の岡田(一男)さん (※1) らとは10年前くらいから「何かそういう仕組みを一緒に作りたいよね」という話はしてるんです。マネジャーを育成する機関を作れば、現場の環境も変わる。その10年前当時、僕は自分に付いてくれたマネジャーに「こういうことをやるといいんだよ」って…まさしく育成をしていました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる