トレードがうまくなるためのコツ

FXの損切りとは

FXの損切りとは

https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/08/shutterstock_363834317-720×360.jpg

FXの「損切り」の重要性とは?損切りする意味&ベストタイミングを専門家が解説!

FXの「損切り」の重要性とは?損切りする意味&ベストタイミングを専門家が解説!

損切りをする意味・メリットとは


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/08/shutterstock_1760772902-720×360.jpg

損切りとは

損切りとは、損失を抱えているポジションを決済し、損失を確定させることを指します。なお、損切りに対して、損失を抱えたまま決済をせずにポジションを保有し続けることを「塩漬け」と言います。損切りはロスカットやストップロスとも呼ばれます。

それでは損切りをする意味やメリットは何でしょうか。ここでは2つ挙げていきます。

さらなる損失を防げる

1つ目の損切りの意味・メリットは「さらなる損失を防げる」です。値動きによっては、損切りをしなければ、この先もっと損失が膨らんでしまうかもしれません。しかし、今ここで損切りをすれば現在抱えている損失だけで済ませることができるのです。

投資資金の確保・機会損失を防ぐ

投資資金には限りがあります。損切りをせずにずっとそのポジションに固執していると、ほかによりよい投資チャンスがあったとしても、「資金がなくて投資ができない」もしくは「自信があるのに少ない投資金額で取引するしかない」という状況に追い込まれてしまうかもしれません。

損切りをすれば、動かせる資金をより多く確保することができ、より大きなチャンスに備えることができます。このように損切りには「投資資金の確保」ひいては「機会損失を防ぐ」という意味・メリットもあるのです。

損切りを受け入れる必要性を考える

損切りを受け入れる必要性を考える


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/08/shutterstock_572149864-720×360.jpg

損切りをまず受け入れ、「検証→レベルアップ」に活用する

「損切りをしたことがない」人は存在しない

現在どんなに稼いでいる投資家であっても「損切りをしたことがない」という人は存在しません。全投資家にアンケートをとったわけではありませんが、売買を繰り返していれば、必ず損切りをするタイミングが来ると断言できます。

損切りは将来稼ぐための布石

その上で、損切りができると「なぜ今回の取引で損失を出してしまったのか」についてチャートなどを見ながら検証でき、次の取引に反省点を活かせるため、投資家としてレベルアップを図ることができます。

一方、損切りを受け入れず、なるべく避ける取引スタイルの場合は、含み損を抱えていても、自分の都合のよい理由を探して「きっとレートが戻るはずだ」と考えて値動きを見ることでしょう。

それでは、ポジション保有をする理由に一貫性がないため、損切り時の検証作業が上手くいきません

このように損切りは「検証し、より精度の高い取引をする」ために必要な行為なのです。つまり「損切りは将来稼ぐための布石」と言ってもいいでしょう。

【損切りの注文方法】逆指値注文を覚えよう

【損切りの注文方法】逆指値注文を覚えよう


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/08/shutterstock_1486133777-1-720×360.jpg

逆指値注文とは

損切りをするのに便利な注文方法が「逆指値注文」です。「逆指値注文」とは、指定したレートに到達すると、自動的に注文を出してくれる注文方法のこと

簡単に言うと「このレートになったら損切りして」という注文です(なお「逆指値注文」は利益確定をするためにも用いられるのですが、今回は損切りの場合を説明してきます)。

逆指値注文のメリット

損切りのベストタイミングは?

損切りのベストタイミングは?


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/08/shutterstock_363834317-720×360.jpg

最後に損切りのベストタイミングについて考えていきます。損をすると分かれば、損切りはなるべく早いほうがよいでしょう。しかし、損失が広がるかどうか、は未来を見通すことができない以上分からず、「ここがベストタイミングです」と明言することはできません。

1.【重要】シナリオが崩れたとき

前提として、注文を出す前に「いくらまでどういう理由でレートが動いて、どこで決済をするか」の自分のシナリオを描くことをおすすめします。そして、そのシナリオが崩れたときに損切りをするのがベストタイミングの1つです。

また、できたら「もし自分の予想が外れるとしたら◯◯が理由で、その場合はいくらまでレートが動く可能性がある」といった負けるシナリオも描いておくとベストです。負けるシナリオも描いておくことで、損切りをするとなっても納得度が違うことでしょう。

2.許容できる損失額の基準を越えたとき

取引する際には、自分の許容できる損失額の基準を考え、その基準を越えたときに損切りを考えましょう。「自分がこの取引でいくらまでの損失額に耐えきれるのか」を考えておかないと、最悪の場合、ずっと損切りができずに塩漬けになってしまう可能性があるからです。

許容できる損失額を決めるポイントって何?


いくらの損失なら精神的に大きく落ち込まないか
「この取引でいくらマイナスを出したとしても精神的に大きく落ち込まないか」を自分の心に問いかけ、許容できる損失額を決めてもよいでしょう。

3.よりよい投資機会を見つけたとき

ほかに投資資金がなく、含み損を抱えているポジションよりもよりよい投資機会を見つけたときは、損切りを考えるポイントです。なぜなら、損切りをして次の有望なポジションを取ったほうが、利益を伸ばせる可能性があるからです。

FXの損切りのタイミングに関するまとめ

本文にもあったように、損切りをせずに利益を上げられた投資家はいないです。また、損切りを繰り返すことで、自分の相場観を育て、どんどん勝つ確率の高い取引をすることができるようになるでしょう

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

週明けは買い戻しからスタート、NYではドル買いへ!

週明けは買い戻しからスタート、NYではドル買いへ!

あなたにお薦めの記事

ドル円・ポンド円のポイント

ドル円・ポンド円のポイント

ポンドはジョンソン英首相辞任で上昇!

ポンドはジョンソン英首相辞任で上昇!

ポンドはジョンソン英首相の辞任表明で好感して買われる^^

ポンドはジョンソン英首相の辞任表明で好感して買われる^^

ドル円・ポンド円のポイント

ドル円・ポンド円のポイント

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )

昨日はロンドンと米系ヤラレ出勤組が仕掛けてきましたね。
ドル円をちょこちょこ売り70P程取りまた油売りましたがヤラレてイーブン終了です。
週末は選挙ですね〜岸田さんは検討するが結局何もしない内閣ってちゃかされてますね〜(笑)
安倍みたいに嘘と汚職にまみれた奴の後たからまだマシに見えるんですね!
ドル円がまた137円トライしそうなんで待ち構えて売ります
今週も宜しくお願いします

ゆうゆうさん、こんにちは。
選挙ですね、何故か静かです^^; FXの損切りとは
イーブンから盛り返しましょう。
ドル円136.4辺りをバックに売っても良いかもですね。
頑張りましょう。

戻り高値・押し安値を完全理解する

ダウ見える化

今回は 方向=トレンドを完全に把握 していきます。

トレンドを完璧に把握できるようになれば、エントリーポイントが明確になり相場に逆らった” ダメトレード ”が減って自然と勝率が上がっていきます。

そもそもトレンドって何?

下に継続しやすい状態のことを《 下降(下落)トレンド 》と言います。

戻り高値・押し安値とは?

では押し安値戻り高値とはなんなのか?
一言で言うとみんなの 損切り注文が 多く 溜まっているライン です。

このように 高値を超えると直近安値に損切りが引き上がると言う暗黙のルール が相場には存在します。

と言うことは、このチャートでは 損切り4 にはほとんどの人が損切りを移動していると言っても過言ではないですよね?

そう、だから 損切り4 を割る前は

逆に、みんなの損切りが溜まっているところを割ってしまうと言うことは みんな手放す と言うことになる。

さらに、 損切り4 の安値にほとんどの人が損切りを入れていて割ったらみんな諦める、と言うことがわかっているなら、 その下に下がるならこれから新規でエントリしてやろう !

損切り(ストップ)と利益確定(リミット)ライン設定のやり方[決め方の基本]

損切り利確


トレードのやり方は色んな手法があるので、こちらで解説する内容は僕個人の認識です。

損切りと利確ラインの基本的な考え方

    FXの損切りとは
  • 直近の高値・安値に置く
  • 節目の価格
  • 固定PIPS(資金のパーセンテージ)
  • 時間で決済(オーバーナイトしない為にも)
  • トレーディングストップ(リミットの場合)

余裕を持たせてストップを設定することで、
損切りされた直後に価格が反転していくことを防げる場合もあるからです。
(ストップかかった場合は、当然ながらその分損失も大きくなりますが)

注意点:トレードロジックありきの考え方

※基本的にトレードロジック(ルール)ありきの、損切りライン及び利確ラインの設定となります。

直近の高値・安値に置く

    意識されている(されるであろう)高値安値に置く

直近高値のストップ位置


上記はダウントレンド中に売りを狙ったトレード例で、
包み足で陰線出たのを見て売りエントリーしたのが赤丸箇所。

節目となる価格

固定PIPS(資金のパーセンテージ)

時間で決済(オーバーナイトしない為にも)

また、
「オーバーナイト」と呼ばれるポジションを翌日に持ち越すことを嫌うデイトレーダーも多く、
その日のポジションはその日のうちに決済してしまう場合もあります。

トレーリングストップ(リミットの場合)

利益確定の場合に、含み益が伸びて行ったら
ストップポイントをどんどん上げていくトレーリングストップを用いられることもあります。

含み損の時に買い増していく(売り増しも)場合もありますが、
それは資金管理が計画的にできている場合の戦略としてはあります。
(ドルコスト平均法と呼ばれています。もしくはナンピン。)

損切り(ストップ)のライン設定基本

  • その価格を反対に抜けたら、トレンド転換するから損切りポイントにする。
  • その価格を反対に抜けたら、エントリーした根拠が喪失するので損切りする。
  • 資金管理の部分から、その含み損以上の損失になると立ち直りが厳しいので損切りポイントにする。

損切りポイント

チャートテクニカルの点から考えると、
実践しているトレードロジックに従った高値安値の外側に、
損切ストップを置くのが最もわかりやすいです。

高値安値のラインを一回抜けたけど、
結局戻してロウソク足のヒゲだけ抜けた状態になるのか、
ロウソク足の実体で明確に抜けていくのかによってもその後の相場状況が変わってきます。
(ヒゲになって戻すと、逆方向に強くなりやすい)

利益確定(リミット)のライン設定基本

リミット設定

損小利大のトレードを意識しつつ、
チャートの意識されるであろう高値安値を意識しながら、 FXの損切りとは
きちんと勝ち逃げできるトレードスタイルの中で決めていきます。

損切りとは? 為替・金融FX用語解説


(MT4やMT5は、損切りや利益確定のところに点線を入れてくれるので便利。これはFX用のチャートですが、バイナリーオプションでも見るよね)

損切りは 難しいもの、悲しいもの 、というイメージ強いですよね( ノД`)
損切りが遅かったーと泣いた日もありました。

損切りは英語でなんていう?

よく海外FXの画面の損切り注文のところに、「stop-loss order」とか「stop order」などと書いてあります。

FXの損切りとは
似た言葉 そんぎりと読む人もいます。
ほかに、
ストップロス、損切り幅、ロスカット幅、ロスカット、ストップロス注文、などなど書いてありますがすべて同じ意味です。
反対の言葉 利益確定、利食い
英語 stop-loss(Loss-Cutも使う)

損切りも利益確定も、する前にものすごく悩むので、トレーダーにとっては主に注文のことをいう場合が多いです。

損切りのメリット、デメリット

・良いところは、損失の拡大を防げるところです。 それに、いったん現金ポジションに変わるので、次のチャンスにそなえることができます。
(こういうのを機会損失を防ぐ、ともいいます)

・ダメなところは、資金が減ること。 むやみに損切りばかり続けていればそうなります。その前にトレードを見直したほうが良さそう。

損切りに関係する言葉いろいろ


損切り貧乏など、身近な(?)言葉がありますね。

損切りがついている言葉

損切り貧乏 デメリットのところで少し書きましたが、トレードの見直しもせずに損切りばかりが続いていると 貧乏になります。
損切りライン 損切りの位置のこと
損切り移動 いったん指値で入れておいた損切り注文を移動させる。
きつくするならいいけど、広げてしまうのは良くないといわれます。
損切り計算 損切りすると、いくら損失がでるかの計算。最近はアプリや業者のサイトがやってくれるので楽ですね(‘ω’)ノ

損切りしない、いらないという意見

日本のFXは、損失がふくらむと追証というお金をとられる ので、それを防ぐためにも「損切りを必ずしましょう」と推奨されます。
損切りを入れなくていいという人は、資金が大きい人、レバレッジが1倍の人、海外FXを使っている人、など理由のある人だと思います。

損切りできない人に名言いろいろ

損切りの名言

ちょっと並べてみます。
古い言葉で、意味がわからないものはほぼすべて 「損切りをしたほうがいいよ」という意味です。

・損せぬ人に儲けなし
・利食い急ぐな、損急げ
・損切りより利益確定のほうが難しい
・意志ある撤退は勇気
・損切りこそ積極的にすべきだ
・もうはまだなり、まだはもうなり(本間宗久 相場三昧伝)
・見切り千両
・ナンピンはけがのもと

ナンピンについては、いろんな意見がありますね。
状況によっては使うこともあるみたいですし、なんともいえませんが、損切りはするほうが良いようです。

損切りはFXでどう使われているか


pipsで決めるとか、時間が来たら損切りするとか、いろんなことをいろんな人がいいますね。

損切りの方法いろいろ

損切りは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

海外バイナリーオプションの損切りというと、途中清算、権利放棄だね


途中清算も権利放棄も同じ意味です。
転売などともいいます。

特に「このままだと負けそう」なときに「権利放棄」すれば立派な損切りになります。

損切りまとめ

バイナリーオプションではあまり本気で考えたこともないですが、 権利放棄なんかはしっかり戦略に入れたほうがいいみたいですね。
FXをされる方は、苦痛ではありますが諦めるところを決めてしっかり損切りしましょう(;^_^A

損切りに関係する専門用語解説

損切り・・損失を確定させるためのポジションクローズ。
利食い・・利益を確定させるためのポジションクローズ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる